愛媛たいき農業協同組合 営農部

〒795-0064
愛媛県大洲市東大洲508番地 総合営農センター
TEL:0893-24-4183
FAX:0893-23-5627
メール:hanbai-seisan@ja-ehimetaiki.or.jp
HP:http://www.ja-ehimetaiki.or.jp/

愛媛たいき農業協同組合 加工部

〒795-0046
愛媛県大洲市春賀甲553番地1
TEL:0893-26-1337
FAX:0893-26-1334
HP:http://www.ja-ehimetaiki.or.jp/


高品質な農産物をつくることで
農家さんのやりがい創出、担い手不足を解消したい。

愛媛たいき農業協同組合 営農部 / 武知寿明

⚊⚊愛媛たいき農協について教えてください。武知:愛媛たいき農協は平成11年に合併(大洲・内子・五十崎・長浜・肱川の5つ) しました。
 営農部の仕事は、営農指導管理、販売、育苗、選果、直売店での販売など多岐にわたります。

愛媛たいき農業協同組合 営農部 大洲市蔵川地区の棚田

⚊⚊ええモンセレクションに登録されている「エコラブスイカ」「について教えてください。武知:「エコラブスイカ」は出荷期間は5月末から7月中旬で、生産は大洲市五郎地区の11名の農家さんが栽培しています。肱川の肥沃な土壌と盆地特有の温度差を生かしていることと、(雨にあたらない) トンネル栽培をして甘いスイカをつくっています。雨にあたると水分を根から吸収してしまって糖分が下がるんですね。あとスイカは病気に弱く、雨にあたると病気になりやすいんですね。栽培されている農家さんは、糖度検査をして、一定の糖度以上でないと出荷できないという仕組みを構築しているので、市場には高品質のスイカを提供しています。

⚊⚊おすすめの食べ方があれば教えてください。武知:冷やしすぎないのがおすすめです。昔は井戸水で冷やしていたんですが、それくらいが一番美味しいですよ。

愛媛たいき農業協同組合 営農部 大洲市五郎地区で生産されたエコラブスイカ

⚊⚊ではその次「愛媛たいき銘柄栗」について教えてください。武知:銘柄として主に5種類あります。実は栗はひとつの畑、山に複数銘柄の栗を栽培した方が良く育つと言われているんですね。なので、銘柄栗は非常に希少価値のあるものだと思います。味の特性としては、「利平」は栽培が難しく少量だが甘みが強い。「倉形甘栗」は他の産地にはないものです。「筑波」は粉質が強くて香りがよい。「石鎚」は果実が大きく日持ちがいい。「銀寄」は甘みが強くで風味が豊か。とひとくちに栗と言っても、銘柄によって特徴がいろいろとあるんです。

愛媛たいき農業協同組合 営農部 愛媛たいき銘柄栗

⚊⚊最後に「蔵川エコ米(てんたかく)」について教えてください。武知:蔵川という地域は、山間部で水もとても綺麗で米づくりに適した場所です。大洲藩の献上米はこの産地のものと伝えられています。
 このお米は「エコえひめ特別栽培農産物」という認証を受けています。これは化学合成農薬、化学肥料を県が定めた基準から5割以上削減したものに与えられるもので、このために手間がかなりかけて作られています。良い米は冷めても美味しいと昔から言われていますが、この蔵川エコ米も冷めても美味しいお米です。 噛めば噛むほど甘みを感じられると思います。

愛媛たいき農業協同組合 営農部 蔵川エコ米(てんたかく)の稲刈り後の天日干しの様子

⚊⚊今後もっとええモンにするために、商品や農協をどうしていきたいか、どんなお考えや夢がありますか?武知:このような高品質な作物をつくることが農家さんにとっては安定した収入につながります。担い手不足、耕作放棄地も増えている中で、儲かる農業に関心を持ってもらい、後継者が増えればと思っています。

⚊⚊最後に武知さんの趣味を教えてください。武知:磯釣りかな。海が好きなので。(笑)

※ 上記の記事内容は、令和3年にインタビューしたものです。

インタビューに答える愛媛たいき農業協同組合営農部の武智寿明氏

大洲市公式YouTubeチャンネル

大洲市公式YouTubeチャンネル


野の幸・山の幸

エコラブスイカ

愛媛たいき農業協同組合 営農部 大洲市五郎地区で生産されたエコラブスイカ

~独自の糖度基準を定め厳選出荷~

 一級河川「肱川」流域の肥沃な土壌と盆地特有の寒暖の差を生かしたスイカ栽培が大洲市五郎地区を中心に行われています。
 雨よけハウスによる栽培で出荷は5月下旬~7月上旬頃まで。栽培品種のメインは「祭りばやし」でシャリッとした心地よい食感と甘味たっぷりの果汁が口いっぱいに広がります。
 「エコラブ(商標第4835134 号)」は、JA 愛媛たいきのオリジナルブランドです。栽培基準や規格を独自に設け、生産者の愛情をたっぷり注いで栽培された「エコ」で「ラブ」な農産物の総称です。

ここがええモン!ポイント☝

  • 出荷前に独自の糖度検査を行い、安定した品質を確保!
  • 大洲の気候風土を生かした雨よけハウス栽培!
  • 生産者の愛情たっぷりの「エコ」で「ラブ」な農産物!

【参考小売価格(税込)】時価(2,160 円/玉(2L))
【供給可能期間】出荷最盛期(旬):6月上旬~6月下旬
【主な取扱小売店】スーパーセブンスター、マルナカ(県内)

愛媛たいき銘柄栗

愛媛たいき農業協同組合 営農部 愛媛たいき銘柄栗

~銘柄にこだわった希少価値の高い栗~

 愛媛県内第1位の栗生産量と取扱量を誇るJA愛媛たいき。その中でも希少価値の高い栗を「品質(食味・大きさ・鮮度)」と「旬(出荷期間を限定)」にこだわり、銘柄毎に収穫。厳選して出荷しています。
 銘柄(品種)は利平、倉方甘栗、筑波、石鎚、銀寄。甘味・食感など品種毎の特徴をお楽しみいただけます。

ここがええモン!ポイント☝

  • 愛媛大洲まるごと栗イズム認定商品!
  • 県内最大の栗産地!(愛媛たいき農協管内)
  • 中山間地の地形(自然条件) を生かした栽培!
  • 農家での庭先選別、選果場での選別による徹底した選別処理!

【参考小売価格(税込)】972円/kg~1,188円/㎏(品種により異なる)
【供給可能期間】9月中旬~10月中旬(品種により異なる)
【主な取扱小売店】愛媛たいき農業協同組合(ゆうパックによる宅配)

蔵川エコ米(てんたかく)

愛媛たいき農業協同組合 営農部 蔵川エコ米(てんたかく)を生産している蔵川地区の棚田

~美しい棚田が物語る「米どころ」の誇り~

 山間に突如開ける美しい棚田が、悠久の歴史を語る蔵川地域。豊かな自然と澄んだ空気、豊富な清水が湧き出る米どころで 「大洲藩に米を献上していた」と伝えられています。
 その誇りは、人々に受け継がれ、稲木干し(天日乾燥)や農薬に頼らない除草作業など、手間を厭わない農作業にこだわり四季折々の美しい棚田の風景をも守り続けています。
 品種は「てんたかく」。 化学合成農薬・化学肥料を、愛媛県が定めた基準から5割以上削減し、「エコえひめ特別栽培農産物」の認証を受けています。

ここがええモン!ポイント☝

  • 山間の棚田で手間を厭わず栽培!
  • 「エコえひめ特別栽培農産物」認証!

【参考小売価格(税込)】1,080円(2kg)
【供給可能期間】通年(数量に限りあり)
【主な取扱小売店】たいき産直市「愛たい菜」、Aコープおおず、全農えひめ(松山市)

自慢のお菓子

ドライフルーツ くり

愛媛たいき農業協同組合 加工部のドライフルーツくり

~しっとりした上品な甘さのお菓子~

 生産量四国1位を誇る大洲産の「栗」を丁寧に皮むきしたものを甘露煮にして、さらに低温乾燥を行い、しっくり感のあるドライフルーツに仕上げました。
 栗納豆より甘さを抑え風味を残した商品です。糖度を抑えたドライフルーツにすることで、若年層の方にもお茶うけとしてお召し上がりいただけます。

ここがええモン!ポイント☝

  • 大洲産の「栗」を使用!
  • 徹底された生産管理体制!
  • 農作物の加工40年!
  • 乾燥温度・時間を独自に開発・改良!

【参考小売価格(税込)】630円/1袋(60g)、1瓶(60g)
【供給可能期間】通年
【賞味・消費期限】6ヵ月
【主な取扱小売店】産直市「愛たい菜」、産直市「さいさいきてや」(今治市)、まちの駅あさもや、鹿野川荘、道の駅「清流の里ひじかわ」